『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
トースト ~幸せになるためのレシピ~<未>(2010)
イギリスの有名なシェフらしい、
ナイジェル・スレイターの伝記映画。
しかし、なんか観ていてムカついた。
彼の母親は専業主婦なのに
缶詰開けてあっためて、
お皿に出すという夕食しか作らなかった。
その母親は死に、
後妻に来た継母は
料理がものすごく上手なんだけど、
ナイジェルは敵対心を燃やし、
父を喜ばすために
彼女に負けないぐらいおいしい物を作ろうとするのね。

なぜ私がムカついたかと言うと、
映画全体に流れる女性軽視感だと思う。
ナイジェルはゲイなので、
恋人としての女性は全く出てこなく、
彼女の二人の母親がこの映画の要なんだけど、
ひとりは低脳、ひとりはビッチ、
料理はやっぱり男がやるもの、
ってな印象なんだよね。

そしてなによりもなによりも、
出てくるケーキやパイが
すべて、ものすご~く不味そうなの。
やっぱりおいしいもののない国、
イギリスならではの映画だって思いました。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-31 00:08 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)
ディスコード -DISCORD-<未>(2012)
あちこちのホラー専門ブログで
コレは掘り出し物とか、
あのシーンにはぞぉ~っとした、びびったとか、
ホラーファン必見とか、
賞賛されまくっているんだけど、
え?どこが?
アメリカ版はもしかして、
いろいろカットされてるとか?
みんなとおんなじ物、観てるのかしら私?
まぁ、低予算の幽霊物にしては、
撮り方とか見せ方とか、
頑張っているなとは思うけど
怖くはない。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-30 23:51 | 怨念、悪霊ホラー
野蛮なやつら/SAVAGES (2012)
オリバーストーンの
セックス・ドラッグ・バイオレンス映画と聞いたので、
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のようなものを期待したのに、
ぜーんぜん違う最低映画でした。
何が嫌いかと言うと、
主人公のドラッグ・ディーラーの若者3人を
果てしなく美化してるところがムカついた。
いくらセンチメンタルなナレーションを付けたって
所詮中毒者を食い物にしている奴らじゃん。
それなのに、途上国に行って井戸を掘るとか、
とってつけたような偽善エピソードをまぜて、
観る者に何を期待してるのかしら。
ディーラー、ジャンキーは徹底的にろくでなしに描けよ。
3人のうち女がひとりなんだけど、
その女はその二人の男の恋人と言う設定で、
三角関係なんだけど、
三角関係じゃないんだよね。
3人まるまる円満でグループセックスしてて
これぞ愛だ、みたいに思ってるところも
現実離れしたヒッピーの幻想みたいでウンザリ。
そして隣の貧乏国のメキシコのギャングは
ゴミのようにバカバカ殺されていくし、
死んでほしいのは
オマエラ、ヒッピーだよ。
オリバー・ストーンがこんな安っぽいメロドラマ作るなんて
どうしちゃったんだろうね。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-12 03:44 | 観なきゃよかった(最低)
On the Ice (2011)
アラスカの、
もう北極に近いような場所が舞台で、
地元の高校生は
雪を走るジェットスキーを運転するのが
普通みたいになっている、
氷の世界なんだよね。
そこで、高校生同士の争いで
仲間を殺してしまった親友を
卒業を間際にして庇う破目になった青年のお話。
ストーリーは大した事ないんだけど、
雪と氷しかないところでの暮らしが
興味深かった。
エスキモーの世界だよ。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-12 03:20 | サスペンススリラー
Chromeskull: Laid to Rest 2 (2012)
一作目「Laid to Rest 」は
けっこうスリルがあって怖かったような気がする。
続編はいかに様々な方法で
顔面を破壊するかだけにこだわっていて、
逃げる、追い詰められるなどのスリルが全くありません。
ただ、残虐な殺し方を見せたいだけのスラッシャー映画。
事件の捜査主任が猟奇殺人を手伝っているっていうのは
「ソウ」のホフマン刑事と全く同じ設定でマネッコしてます。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-05 12:14 | スプラッターホラー
Alarm (2008)
【ネタバレ注意】
独身女性が新築の一軒家を購入する。
入居して間も無く何者かに侵入される。
しかし、何も盗まれなかった。
気味が悪いので警報システムをつけるが、
また何者かが侵入。
そんなことが何度も起きて
女性は神経症に陥ってしまう。
さて、侵入者の目的は何かという、
ミステリーです。

ローズマリーの赤ちゃんを思い出させるような、
じわじわと女性が心理的に追い詰められていくのは
面白かったけど、オチがね。
犯人の動機がさっぱり説明されないの。
ただ彼女を怖がらせたかっただけ?
そんなのってアリ?

追記:昨日ピーター・ジャクソンの「ホビット」を見てきて、
ムサイおっさん軍団の中に、
ひとり、超いい男、キリーが居たでしょ。
彼のアップで心臓バクバク。
そのキリーたんが
この映画の主人公の彼氏役で出てます。
アイルランド俳優エイダン・ターナーです。
彼の熱いベッドシーンや
ピチピチの下着姿など、
たっぷり観れますぜ。
[PR]
# by syco1 | 2012-12-03 04:28 | サイコスリラー
トガニ 幼き瞳の告発(2011)
韓国の聾唖学校の校内で
実際に起きた児童虐待事件を
基にした映画です。
アメリカ映画では絶対に撮れないような、
児童の性的虐待シーンも
まざまざと描かれ、
観ているのが結構つらかった。
折檻のシーンも激しい。
で公に発覚された後も、
なかなか起訴するのが難しくって、
弱者は八方塞で切ない。
とってもやりきれない気持ちになる映画。
かわいそうで涙が出たけれど、
こういう映画をまた観たいとは思わない。
目を背けちゃいけない事実とは解っているけど…。
[PR]
# by syco1 | 2012-11-29 23:29 | サスペンススリラー
Isolation (2011)
目が覚めると、
病室に隔離されていた。
時どき部屋に訪れる医者には
原因がわかるまで
誰とも対面禁止と言われる。
不安に駆られながら
結果を待つ患者。
しかし、徐々に医者や看護人に対して
不信感を抱き始めるっていう、
パラノイア、シチュエーションスリラー。

病院ホラーは私にとっては
怖いジャンルなんだけど、
医者と患者の会話ばかりで
ほとんど最後まで何も起こらず、
ダラダラ感が溜まってくる
オチもなんだかなぁ、
そんなことで、
そこまでやるかって感じ。
[PR]
# by syco1 | 2012-11-29 00:02 | 医療ホラー/キチガイ博士
ヒドゥン・フェイス(2011)
同棲していた彼女が
置手紙を残して
突然消えてしまった。
途方にくれる彼氏だが、
なぜか、家に彼女がいる気配を感じるのだ。
死んで幽霊となって彷徨っているのか…!?

そう簡単に心霊ものとして片付かない展開が
面白かった。
女の嫉妬心をジリジリと感じる
スペイン産の怖い映画です。
[PR]
# by syco1 | 2012-11-28 23:44 | サスペンススリラー
Bernie (2012)
Off Hollywood Movies
[PR]
# by syco1 | 2012-11-28 04:50 | インディ系ドラマ


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧