『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
マーダーボール (2005)
車椅子に乗って競う
『ウィルチェアラグビー』の
世界選手権までの道を描く
ドキュメンタリー映画。

五体満足でもスポーツをやらない私は、
下半身不随になってまで
絶対にスポーツなどしたくありません。
コリャいい口実が出来たと
一生引きこもって
本を読んだりDVDを観たりして暮らすでしょう


でもスポーツ好きは違うのですねぇ。
シシィー(sissy)になるくらいなら、死んだ方がマシ。
車椅子をべンハーの二輪戦車のように使い、
相手にぶつけて転倒させ、
死の格闘技のような試合を繰り広げる。
男気ムンムン
死ぬまで体育会系よ、あんたらは。

コレを観て、
障害者を哀れむ気持ちは少しも起こりませんわ。
むしろスポーツバカを哀れむような気持ちになります。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-27 01:52 | ドキュメンタリー
ホスピタル<未> (2005)
原題は『Boo!(ブー!)』
ブーといっても高木ブーじゃなありません。
いきなり飛び出して
人を驚かす時の掛け声が
英語で『ブー!』なのよ。
日本語だったら、
『ワッ!』よね。
題名通りワッっと驚かしてくれると思ったら、
出てくるのはボーっと現れる幽霊ばかりで、
それに襲われた人間は
ゾンビになるの。
アホらしいったらありゃしない。
ホラーなんだからアホらしいも何も無いだろう
って思ったら、大間違い。
ゾンビはゾンビの
ゴーストはゴーストの
決まりってモノがあるのよ。
ゾンビは脳みそを爆破すると死ぬとか
ゴーストは正しい供養すると去るとか
そういう決まりよ。
それを破ると、
全然怖くなくなってしまうのよ。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-20 02:51 | ゾンビ(感染)ホラー
40歳の童貞男 (2005)
昨日の『最凶女装計画』に引き続き、
これもすんげぇ面白れぇ。

40歳で童貞の主人公は、
アメパイの男子みたいに
女とヤリたくてムラムラしているのではなくって、
彼にとってセックスなんてどうでもいいんです。
だって、セックス以外にたくさん趣味があるのですもの。
アクションフィギュアを集めること、
フィギュアの色塗り工作、
トロンボーンを吹くこと、
卵サンドをつくること、
毎日が忙しく充実しているので、
別に女なんて要らないのです。
そんなのは異常だ、
セックスしたくない奴は人間じゃない、
なんて、コチコチ頭の人に是非見てもらいたいです。
目からウロコです。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-18 23:37 | 南米、北米、カナダコメディ
最凶女装計画 (2004)
米国のワースト作品賞(ラジー賞)にノミネートされてたので、
私の中ではスルーしていたのだけど、
気随式のNKYYSDさんのブログを読んで
観てみる気になりました。
それが...すげぇ面白い。
ストリート系の黒人男
温室育ちの白人お嬢様に変身
する
このアイディアだけですでに、
ぶっ飛んでます。
マネキンが動いているみたいなおかしな変装で
白人アホ娘特有の行動はもちろん
仕種や言い回しまで上手に真似されると、
もう腹がよじれるぐらい笑えるの。
ただ白人女をバカにするだけの
パロディ映画ではないラストも良いわ。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-18 02:42 | 南米、北米、カナダコメディ
焼け石に水 (2000)
オゾン監督の映画は
アタリハズレが半々ぐらいの割合だ。
これはハズレ。
主人公のオヤジが
『折れたタバコの吸殻で...』を歌ってた演歌歌手の顔を
思い出させるのよ。 (昭和のヒット曲。 歌手の名前が思い出せない。)
おまけに、
『あ~あ、エプロン姿がよ~く似合う~、』少年が
そのオヤジに尽くして、
ふられるのよ。
ヤオイ漫画と演歌の心が混じったような、
よく理解できない世界でした。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-16 22:45 | ゲイ&レズビアン
ウエディング・クラッシャーズ<未> (2005)
二人の主人公が狡猾過ぎて
笑えない。
ヴィンスとオーウェンは
自覚の無いアホをやると
一番おかしいの。
オーウェンなら『ズーランダー
ヴィンスなら『アダルト♂スクール』や『Made(日本未公開)』あたりの...。

でもこの映画の二人の演技力は
素晴らしいです。
おそらくアドリブなのではないかと思う。
次から次へと
自然に湧き出て来るように
話しまくるの。
間のとり方といい、微妙な表情といい、
コメディじゃなかったら、
どちらも主演男優賞をもらえるくらい。
コメディジャンルって報われない。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-15 23:24 | 南米、北米、カナダコメディ
ハッピー・エンディング (2005)
熟れた果実』の監督、ドン・ルースの新作。
またもや、ゲイ男、年増の独身女、周到な小娘
さらに、レズ、ジゴロ、ボンクラなども絡んで、
あちらでくっつき、こちらで離れ、
様々な恋愛、騙しあい合戦が交わされる。
こんなにいろんなキャラが出てくるのに、
誰にも共感できないのよ
誰一人として身近に感じられない人たちなのよ。
どこにいったら、あんな人たちがいるの?
LA?NY? サンフランシスコ?
もしいたとしても、絶対近づきたくないわ
[PR]
# by syco1 | 2006-01-06 08:30 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)
ウルフクリーク 猟奇殺人谷<未> (2005)
オーストラリアのホラーなんだけれど、
都会から来た男女の車が
ど田舎で故障、
親切にしてくれた地元人は
実はサイコパスっていう
世界共通の展開の仕方
それでも目新しい点は...、
えーと、えーと...、
ナイ...。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-05 07:27 | 田舎ホラー
Dear フランキー (2004)
子供が幼い時に夫と別れたのに、
お父さんは船乗りだから、
おうちには帰ってこれないのよ、
と子供に嘘をつき通す母親。
こういう悪気の無いウソで始まるお話は
大概コメディで、
私は『アバウト・ア・ボーイ』のような、
固いパンを公園のカモに投げて殺してしまうような、
シニカルな英国的ジョークを期待してたのですが、
ただのドラマなんだもの。 がっかり。
しょーもない人生を泣き笑いするところまで達せず、
ただ感傷に浸っているだけというのは、
全然感動を呼び起こしてくれません。
[PR]
# by syco1 | 2006-01-02 02:50 | けな気な子供、または小動物


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
画像一覧