「ほっ」と。キャンペーン

『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
テッド(2012)
ぬいぐるみの可愛いクマちゃんが
エロい事をしたり、ドラッグをやったりするのが、
面白いらしいのだけど、
エロやドラッグはチャッキー人形がとっくにやっている。
おまけにチャッキーは殺人までしちゃうよ。
それよりも、
テッドが面接に行って職を得たり、
職場でふつうにガールフレンドを作ったりするところが、
受けた。
持ち主をガールフレンドに取られ
しょんぼり見送るところは
カワイイ...。
もっとブラックだったら、面白いだろうに、
全体に流れるものは
ハリウッド主流のご都合主義、
ハッピーエンドのコメディです。
[PR]
by syco1 | 2013-02-22 11:58 | 南米、北米、カナダコメディ
カミングアウト・オブ・ザデッド (2009)
邦題がうまいっ。 ザブトン3枚ぐらいあげたい。
原題も"Comingout of the dead”にしたらいいのに。
でも原題は"Zombies of mass destruction"で、
ブッシュ政権の時にアメリカは、
イラクが大量破壊兵器(Weapons of mass destruction)を
持っているという理由を掲げて
攻めてったことをパロってる(のだと思う)。
実はイラクは大量破壊兵器は持っていなくて
ブッシュ政権の最大の汚点となった。
(まぁ、それ以外にもブッシュ政権は汚点だらけだけど...)

それで本作品はただのゾンビコメディではなく、
社会風刺がごっそり詰っている。
ゲイ差別、アラブ系アメリカ人差別、キリスト教原理主義、全米ライフル協会...
ゾンビ対人間よりも、リベラル対保守主義の戦いになっている。
ゾンビに襲われるシーンよりも、原理主義によるゲイバッシングの方が怖いよ。
[PR]
by syco1 | 2013-02-21 11:36 | ホラーコメディ
Klown (2010)
Off hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2013-02-11 13:28 | 欧州、豪州コメディ
シーズ・ソー・ラヴリー(1997)
ショーン・ペンと、実の妻ロビン・ペンが演じる
熱愛ドラマ。
ほんとに勝手にどうぞって感じの話だった。
出だしは二人のバカっぷりが面白かったんだけど、
途中からだんだんバカもいい加減にしろっと
腹が立ってきた。
ラストにおいては、呆れました。
子どもをいとも簡単に捨てちゃう女の恋愛物語に
感動せぇといわれても無理。
まぁ、あんなバカカップルに育てられるなら、
子供達も捨てられたほうがいい人生送れるよな。
ロビン・ペンはラヴリーじゃないぜ。
タイトルはシーズ・ソー・ストゥーピッド!
[PR]
by syco1 | 2013-02-11 13:18 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)
ゼロ・ダーク・サーティ (2012)
「ハートロッカー」がめっちゃ面白かったんで、
今度はビグロー姐さんは
どんなスリルを味あわせてくれるのかと
劇場に観にいきましたが、
上映時間が3時間近くある本作品、
たくさん眠ってしまいました。
目が覚めたときは
すでにビンラディンのアジトを突き止めたところでした。

何で詰まんなかったというと、
主人公の女性はたぶん架空の人物だと思うのだけれど、
きれいだし若すぎるし、タリバンの捜査官ってのが
真実味がないんだよね。
尋問シーンばっかりで
戦闘シーンもあまりないんだよね。
骨太なアクションを期待してたのによ。
でも夫は「ハートロッカー」より面白かったと言っていた。
いっつも私と感想が反対です。
[PR]
by syco1 | 2013-02-01 06:10 | アクション・スリラー


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧