「ほっ」と。キャンペーン

『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2012年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ザ・ベイビー/呪われた密室の恐怖<未>(1972)
成人した大人なのに、
オムツをあててハイハイして、
母と姉ふたりから
赤ん坊のように扱われている青年。
その青年を助けようした
ソーシャルワーカーは
その青年の家族に狙われる...。

赤ちゃんプレイが好きな人は
そそられるかもしれない。
でもほとんどの人は
居心地の悪い気分を味わうのじゃないかと思う。
あ、ポルノではありません、念のため。
[PR]
by syco1 | 2012-02-28 04:02 | サイコスリラー
ウェイク・ウッド ~蘇りの森~<未>(2011)
『ペットセメタリー』を憶えているでしょうか。
アレの焼き直しです。
最愛の娘をなくした両親が、
黒魔術の力で子供をよみがえられて貰う。
でも子供を死から蘇らせても、
3日間しか生きられないってことが約束なの。
それなら、
また別れが苦しいだけじゃない、
と思うのだけど。
そしてやっぱり両親は
分かれられなくて
約束を破り、
うぎゃぁ~ってことになる。
当たり前じゃん。
[PR]
by syco1 | 2012-02-28 03:48 | 怨念、悪霊ホラー
血の伯爵夫人<未> (2009)
女ドラキュラ、または女サド侯爵とも言われる
17世紀のハンガリーの公爵夫人
エリザベート・バートリの伝記映画。
処女の生き血を浴びたら若返ると信じて、
何百人もの処女を拷問虐殺したヒトですね。
でもさ、
なんでジュリー・デルピーが監督主演なの?
このヒト、そういうのが趣味だったの?
パリ、恋人たちの2日間』みたいに、
オシャレでリベラルなフランス人では無かったの?
見るからに草食系な彼女は
ぜんぜんエリザベート・バートリは似合いませんでした。
おまけに彼女のインテリな部分が作動したのか
この格好なエログロホラー素材エリザベートが
真面目に描かれていて、
実は伝説で語られてる程、残酷な女では無い、
と弁護しているようで
中途半端に詰まんない。
彼女を正当化する伝記なんてどうでもいいよ~。
もう300年も昔の人なんだからさ。
みんなが期待してるのはエロとスプラッターなのよ~。
次回はアジャとか、パスカル・ロジェ監督で
お願いします。
[PR]
by syco1 | 2012-02-27 11:42 | 伝記/実話
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012)
私が2009年で一番怖かった映画ホラーの
バイオレンスレイク』の監督の新作ホラーが
メジャーな劇場で公開された。
主演がなんとハリーポッター卒業一作目の
ダニエル・ラドクリフで、
ハリーファンの娘が観るって言ったので、
さっそく初日に劇場へ。
しかし劇場はハリーファンの女子で占められていて
たぶん彼女らはコアなホラーは馴染みが無いらしく、
いたるところでキャァキャァ叫び、
まるで遊園地のお化け屋敷に入ったみたいでした。
まぁ、作りは脅かし映画なんだけどね。
あれだけ女の子がびっくりして悲鳴を上げてくれては
作り手も嬉しいだろうね。
でも私と娘はうんざり...でした。
[PR]
by syco1 | 2012-02-27 10:38 | 怨念、悪霊ホラー
ミッドナイト・イン・パリ
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2012-02-27 10:20 | 南米、北米、カナダコメディ
YellowBrickRoad (2010)
70年も昔に、
住人全員が何者かによって惨殺された村に、
その原因を探りに若者集団がやってくる。
ほんとうによーくある、
使い古されたパターンだけれど、
途中からSFっぽくなってきて、
アレ、なんか違うな...って気づく。
誰も居ない森なのに、
どこからともなくBGMが鳴り響き、
それが何日も何日も続いく。
音源は不明だ。
しかし、オチが...。
くだらないし、それでいて、
全然説明し切れてないところが
腹が立った。
まぁ、B級ホラーなんで、
大目に見て、
ブレアウィッチとかクライモリとか、
お決まりのパターンにならなかっただけでも
◎として置きます。
[PR]
by syco1 | 2012-02-26 12:25 | 田舎ホラー
メガ・ピラニア(2010)
遺伝子操作かなんかで、
36時間で倍の大きさになるピラニアを
作ってしまった。
そのピラニア軍団が
どんどんどんどん大きくなりながら、
ベネズエラからフロリダに向かっていく。
それを食い止めようと、
軍隊まで出すアメリカ軍。
とうとう鯨サイズになって、
それがジャンプして
ヘリコプターまで食べてしまう!!
でかいピラニアが
ジェット機のように海岸沿いのビルに突っ込んで、
ビルが破壊され煙がモクモク出てる!!

映画の中にギャグは織り込んでないのに、
話自体がギャグなので爆笑できるタイプの映画。
みんな真剣にやっているから
ますます笑える。
こんなバカ映画をつくるアメリカが
愛おしいく感じてしまう私。

主人公と恋仲になる科学者の女が
デブで冴えない顔したふつーのオバはんで、
演技も下手で、何でこんな役者つかったんだろう?
って不思議に思ってたら、
なんと80年代のポップアイドル、ティファニーだったんですね。
ティファニーが出演ってことも
この映画の売りだったわけね。
でもあの姿を観たら、
ファンはがっかりするだけなんじゃ...。
[PR]
by syco1 | 2012-02-19 12:40 | 災害、パニック
ダーク・フェアリー(2011)
ギレルモ・デル・トロが製作で
小さな女の子が主人公だけど、
『パンズラビリンス』や
『デビルスバックボーン』なんかと比べると、
全然怖くないよ。
だって、戦う相手が鼠みたいな
チョロチョロしたコロボックルなんだもの。
そんなのがワチャワチャ出てきて
ヒトを殺したりもするんだけど、
警察とかは入り込まず、
全て事故と片付けられるところで
話が破綻してる。
伝説は伝説のままにして置きたいのはわかるけど、
ムリがあり過ぎ。
子役の女の子が全然可愛くないので、
余計に話に入り込むことが出来ない。
ガイ・ピアースなんて名優も無駄使いしてます。
トムクルーズ夫人は微妙...。
[PR]
by syco1 | 2012-02-19 09:13 | ファンタジーホラー
Chronicle (2012)
娘が、「3人の高校生が超能力を使えるようになる話だよ」
って言ったんで、
『ファンタスティック・フォー』なんかを想像しちゃって、
観たくねーな、って思ったんだけど、
予告編をを観たら、
めっちゃ面白そうだったんで、
娘に誘われるまま観にいったよ。
世界を救うスーパーヒーローものじゃないんだね。
超能力を使って女の子のスカートをめくったり
スーパーで買い物してるおばさんのカートを
勝手に動かしたして、
影で爆笑しているような、
普通の高校生男子のままなのよ。
しかし、そのうちのひとりが
抑制がきかなくなって
もうひとりが必死になって食い止める、
なんか大友克洋の『童夢』みたいなコトになってくるの。
ものすっごく面白かった。
こんなに面白いハリウッド映画を観たのは久しぶり。
劇場で見ること超おススメ。
[PR]
by syco1 | 2012-02-19 08:41 | 面白いハリウッド
ワックス・ワーク(1988)
『ワックス・ワークス』なんていう、
インパクトの薄い邦題(て言うか原題そのまんま)が付けられてるけど、
面白いよ、コレ。
蝋人形館の展示物の柵の中に入ると、
ワープしてそれが現実になる。
狼男の森とか、ドラキュラ城とか、サド伯爵の城とか、
何処にでも行けちゃう。
そしてそこで殺されると、
そのまま蝋人形となって展示されてしまう、という、
80年代ならではの
荒唐無稽なバカホラー。
俳優も結構美男美女使っているし、
B級なんだけど、
これはお勧めかも。
[PR]
by syco1 | 2012-02-15 23:00 | 悪魔・魔女・吸血鬼ホラー


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧