『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2011年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
フリーダ (2002)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-06-30 11:28 | 伝記/実話
どろろ (2007)
『どろろ』は従姉のところに
コミックが揃っていて、
何度も何度も読んだなぁ。
かねこぞうがいちばん怖かった。

本作品は昔のマンガのファンに向けて
作られていないことは確かです。
私も含め40代が観るには
あまりにも幼稚過ぎる。
特撮が仮面ライダーみたいだし、
雰囲気が明るすぎる。
どろろって、
あの戦国時代の
飢餓地獄みたいな背景だったと思ったけど、
楽しすぎるよ、これ。
どろろのマンガとは全く関係ない、
万民向けの娯楽映画になってます。
あと、長い! 編集すれよ、へんしゅう!

どろろは「へへへのへ」も言わなかった…。
[PR]
by syco1 | 2011-06-30 05:48 | 歴史/戦争/時代モノ
BEST WORST MOVIE<未>(2009)
最高な最低映画というタイトル。
一番最低な映画のことを言っているのではなく、
最低映画と言われているものの中で
最高なのもを指してます。
そして何が最高な最低映画かというと、
なぜか1990年の『トロル2』なんです。
私は見たこと無いから本当に最高なのかは
わからないけど、
なんか素晴らしい映画らしいです。
『ロッキーホラーショー』とか、
『バスケットケース』とか、
素晴らしいカルトホラーは沢山あるけど、
この『トロル2』というのは、
どうやらそういうカルト映画とも少し違うみたい…。
なぜかと言うと、
カルトはもともと一般大衆向けには作られて無いでしょ。
でもこの『トロル2』は
一般大衆向けのファンタジーホラーとして
製作されたらしいけど、
あまりにも出来がお粗末で、
それでいながら、
観る人を幸せな気分にさせてくれる、
不思議な効果があるらしいです。
う~ん、よくわかんない…。

この映画に出たキャストはみんな、
それ以降は役が回ってこなく、
皆さんキャリアを変更してる。
しかし、この『トロル2』がカルト現象を起こし、
NYとかLAとかの劇場で
再び上映され、
それにちなんで、当時のキャストの俳優が
集まって思い出を語る
それと共に、
今の生活を語る…、
と言うような内容のドキュメンタリーです。

『トロル2』はどんな映画なんだか
見たくなるけれど、
映画の途中で興味が薄れた。
というのも、カルト化されたので少し調子に乗って、
当時のキャストのメンバー達が、
ホラーコンベンションに参加するのよ。
レザーフェイス・ファンとか、
ジェイソンや、フレディ・ファンとか大集合する、
盛大なイベントよ。
でも、『トロル2』の展示ブースの前は空っぽ。
そして、現在歯医者をやっている『トロル2』のもと俳優は
「『トロル2』はテキチェンとか13金とかと一緒にしてもらいたくない。
『トロル2』はヒューマニティが溢れる作品なんだ。
ゴアなんか無い。 等身大の人間を描く作品なんだ。
この会場にいる連中は、臭いし汚いし、
80%が歯槽膿漏を持ってるよ。
こんな連中の中に自分がいるのはゾッとする。
一刻も早く引き上げたい」
なーんて言うのよ。
そっか、『トロル2』はテキチェン、13金ファン向けじゃないんだ、
じゃ、私はダメだな、って思っちゃった。

でも、暇があったら、いつかは観てみようと思います、『トロル2』。
[PR]
by syco1 | 2011-06-27 10:32 | ドキュメンタリー
ツィゴイネルワイゼン (1980)
公開当時から
オーラを放ってたよな、この映画。
やっと観れたよ。
それも30年後にアメリカで。
冒頭で、岸に打ち上げられた
女の溺死体のまたの間から、
赤いカニがショボイSFXで
飛び出てきたときは
つい最近見た『恐怖 奇形人間』を思い出して、
これってB級カルトなの? って引いちゃったけど、
いいえ、いいえ、格調ある芸術作品です。
大正時代のデカダンな雰囲気が良い。
こんなに何にもしてないインテリな日本人て
ちょっと珍しいよね。
去年マリエンバートで、とか
イングマール・ベルイマンの作品なんかの
影響受けてるのかな。
でも難しいこと抜きでも
けっこう面白いよ。
[PR]
by syco1 | 2011-06-24 04:38 | 米で観る日本
Another Year (2010)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-06-24 04:10 | 欧州・豪州ドラマ
フロンティア (2007)
わはは~。
テキサス・チェーン・ソーの
フレンチ・バージョンだよ~。
やっぱりフランスも農業国だから、
田舎に行きゃぁ、
人間も豚同様に屠殺しちゃうこともあるのね。
(無い無い…)
でもやっぱりヨーロピアンということで、
悪い奴らはみんなナチスの末裔で片付けちゃうのね。
レザーフェイスもどきでしょ、
家族の食卓でがたがたの老人が出てくるでしょ、
怖い家長でしょ、
テキチェンをパクリまくってる。
ここまでくるとオマージュかしら。
本作品に限らす、
今のフレンチ・スプラッターホラーの監督は
アメリカの70年代ホラー大好きね。
[PR]
by syco1 | 2011-06-23 03:16 | 田舎ホラー
Black Death (2010)
ペストが猛威を振るった
中世のイギリスのお話。
『0:34 レイジ 34 フン』とか
殺戮の森』とかの
クリストファー・スミス監督だから、
期待したんだけど、
今ひとつだった。
きっと本格的な歴史モノを
撮ろうと思ったかもしれない。
でもやっぱり、
彼はB級ホラーが十八番だから、
ストーリーがだんだんインチキ臭くなっちゃって、
なんか中途半端で
どーせなら、
B級ホラーにしたら良かったんじゃないの?
って思いながら意地悪く鑑賞してしまった。
エディ・レッドメインくんは相変わらずカワイイんだけどさ…。
[PR]
by syco1 | 2011-06-22 02:54 | 歴史/戦争/時代モノ
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ (2010)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-06-22 01:09 | ドキュメンタリー
ザ・ライト-エクソシストの真実- (2011)
エクソシズムは
キリスト教を信じているこの国では
永遠の題材なんでしょうね。
定期的にエクソシスト映画が
ハリウッドで作られてます。

本作品は事実を基にしてるそうだけど、
まぁ、キチガイみないな言動をし始めた人が
神父のまじないによって
元に戻ったというだけだから、
あり得るでしょうね。

『エミリー・ローズ』でもそうだったけど、
天使や悪魔を信じていない私が期待するのは
悪魔に取り付かれた人間の
白熱の演技なので、
今回はそれを名優アンソニー・ポプキンがやってくれるんだから、
やっぱり観なくっちゃね。
舞台が古めかしいイタリアの町なのも良いです。
でも、怖いかと言えば、あんまり怖くない。 
公開が決まった『ラスト・エクソシズム』の方が、
B級ホラーだけど怖いよ~。
[PR]
by syco1 | 2011-06-19 12:25 | 悪魔・魔女・吸血鬼ホラー
脱出 (1972)
私もアメリカ南部に住んでいるのだけれど、
その中でも都市部なんで、
ガソリンスタンドで
オーバーオールを着て歯の抜けたおっさんが
わざと間違った道を教えるようなことは無い。
でも、ちょっと山のほうにドライブに行くと、
本作品の舞台のような村はよく見る。
夫はああいう系統の人を目にすると
いつもこの映画の名前を出すので、
いったいどんな映画なのかと
いつか観ようと思ってた。

観たらめっちゃ怖かったよ。
1972年のこの映画の登場で
南部の田舎は恐ろしいっていう、
恐怖心を全国民に植え付けたのじゃないか?
でも近親相姦によって生まれた
奇形や障害児が多いとか言われ
南部の人は大迷惑したのではないか?

そのあとテキチェンとかヒルハブとかの
田舎奇形ホラーがいろいろ出てきたけど、
本作品はやたらリアルだから怖い。
アカデミー賞もノミネートされたのね。
[PR]
by syco1 | 2011-06-18 00:00 | 田舎ホラー


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧