「ほっ」と。キャンペーン

『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
奇人たちの晩餐会 USA<未> (2010)
コメディにおける登場人物のキャラクターって、
誰の周りにもいるタイプだから笑える
(『40歳の童貞男』や『リストラ・マン』など)
またある種の集団を極度に誇張したタイプだから笑える、
(『ボラット』や『ズーランダー』など)
のどちらかだと思う。
しかし、このスティーブ・カレルが扮する、
奇人キャラは良くわからない。

ネズミの剥製でジオラマを作るのが趣味で、
ネズミの屍骸を道路で拾っているときに
車に跳ねられたのに、
自分の方からドライバーに
賄賂を渡すから警察には通報しないで欲しい、
なんてIQが設定はかなり低い。
でもそれでいつも不幸な目に遭っているのではなくて、
バカ全開で突っ走って他人に迷惑かけて
ぜんぜん気づかない、
確信犯なんじゃないかと疑いたくなるほど、
ムカつくことするの。
だから観ていてイライラして
私はこういうのダメ、笑えない。

クライマックスの晩餐会のシーンも
奇人ぶりを競うはずなのに、
いちばんまともな事を言ったカレルに
拍手が贈られるって何?
何が言いたいのかわかんない。
ラストも超ベタでゲンナリでした。
[PR]
by syco1 | 2011-01-31 23:57 | つまんないハリウッド
幸せがおカネで買えるワケ<未>(2009)
ジョーンズ一家という題名の本作品、
ジョーンズ一家は実はニセモノの家族で、
企業に雇われて家族のフリをして
高級住宅街に越してきて、
その町の住人と仲良くし、
自分達の着ているものや装飾品、
車、家の中の調度品などを
さり気無く見せびらかして宣伝し、
人々の購買力を高めるという仕事をする。
なんか実際にありそうで面白い。

でもさ、なんかもう一歩なんだよね。
消費社会をおちょくった
ブラックなコメディにすれば、
笑えたかもしれないけど、
結局は始めは仕事上の偽夫婦だった
デビッド・デゥカヴニーとデミ・ムーアが
ほんとうに恋におちてしまうという
ロマンティック・コメディになってしまって
詰んなかった。
[PR]
by syco1 | 2011-01-30 08:14 | 南米、北米、カナダコメディ
マチェーテ (2010)
もの凄く怖い顔を持つ俳優って、
脇役には引っぱりダコだけど、
なかなか主役にはなれない。
だって主役ったら正義の味方でなくちゃいけないからね。
でもあのロン・パールマンだって、
『ヘル・ボーイ』という主演作品シリーズがあるんだから、
ダニー・トレホだって、
何か欲しいよね、
ってことで
『マチェーテ』が映画化されました。
めでたし、めでたし。
トレホが主役で
ロバート・デニーロが脇役って言う事実だけでも
凄いと思う…。

内容は殿方向けエンタメってとこ。
私としてはリンジーに
実生活のパロディを
良くぞやりましたと、
拍手を送りたい。
[PR]
by syco1 | 2011-01-29 00:17 | アクション・スリラー
だめんず・コップ<未> (2001)
私が密かに裏M・ナイト・シャマランと呼んでる、
ハリウッドで活躍する第2のインド系
ジェイ・チャンドラセカール監督作品。
だってビール・フェスタが面白かったんだもの。
くっだらないのをわかって観賞。
でもこっちは、
全く笑えなかった
州警察と市警察との違いとか
内輪ネタを知らないから笑えないのか、
なんだかわかんないけど、
全然面白くないよ~。
ジェイ・チャンドラセカールの新作
『The Slammin' Salmon』を
私のリスト観賞リストから削除。
[PR]
by syco1 | 2011-01-28 02:01 | 南米、北米、カナダコメディ
ソーシャル・ネットワーク (2010)
2010年のいろいろな大賞候補にあがっている本作品、
面白いのだけど、
主人公が超イヤな奴で、
そいつの成功物語なので、
私は全く感動できません!!
こういう奴が金持ちになるなんて許せない。
フェイスブックなんて、
一生使わないぞ、
って思いました。
成功しても、
心は寂しいってことを
言いたいんだろうけど、
でも大金持ちだから、いいじゃん。
もう5,6年待って、
汚職かなんかで
コイツが犯罪者となってから、
映画を作ったら、
ちょっとは感動するかもしれない。
同じフェイスブック関連作品で
Catfish』の方が、
世の中の底辺であがいている人を
優しい目で描いて
感動したわ。
[PR]
by syco1 | 2011-01-27 18:33 | 伝記/実話
ピラニア3D (2010)
子どもの頃に見た
ジョー・ダンテの『ピラニア』は
あのキンキン響く効果音とともに
ピラニアが襲ってきて、
とっても怖かった記憶がある。
30年度のリメイクは
あの『ハイテンション』のフランス人
アレキサンドル・アジャが手掛けてます。

この人、
ほんとにアメリカの
70年代スラッシャーものが好きなんだね。
ジョーズのリチャード・ドレイファスに
カメオ出演してもらって
はしゃぎまくってるよ。

ホラーにおけるビキニギャルの数では
本作品は最高記録じゃないかしら。
絵本「ウォーリーをさがせ」の1ページの様に
海岸にウジャウジャ溢れます。
そこに大量のピラニアが襲ってきて…。
壮大なる地獄絵なのに、
なぜかめっちゃ明るく能天気。
この対比もまた凄い。

でもアジャのピラニアは
キンキンいいません。
ピラニアって実際はキンキン鳴かないのですね…。
[PR]
by syco1 | 2011-01-23 13:14 | スプラッターホラー
うつせみ (2004)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-01-20 06:56 | 愛・ラブ・ラムール・アモーレ
Cyrus (2010)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-01-20 06:54 | インディ系ドラマ
オックスフォード連続殺人<未>(2008)
これ、 スペインのユルユルホラーばかり撮ってた
アレックス・デ・ラ・イグレシア監督の新作なんですね~。
作風が全然違くね?
もしかして、イグレシア監督は
アガサ・クリスティの隠れファンだったのかしら。
どうみてもイギリスの正統派探偵小説って感じ。
ジョン・ハートとかイライジャ・ウッドとか
いい俳優使っているのに、
なんでイグレシア風なノリにしなかったのか
とちょっと残念。
『トーク・トゥー・ハー』のレオノール・ワトリングが出てるけど、
太って別人みたい。
彼女のハダカエプロンが観れます。
どうでもいいか。
[PR]
by syco1 | 2011-01-19 10:34 | サスペンスミステリー
ユー・キャン・カウント・オン・ミー<未> (2000)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-01-18 11:52 | インディ系ドラマ


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧