『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
デフロスト<未> (2009)
はさみ虫みたいな
ちっちゃな虫が、
人の肌の中に入っていって
卵を産んじゃって、
それが孵化して
肌を食い破って
虫がワラワラ出てくる。
ワラワラのシーンはいかにもCGで、
全然怖く無いんだけど、
冒頭のシーンで
一匹の虫が額から入り込んで、
ちょろっと顔出したところを
ピンセットで取り出そうとすると、
また素早く中に入ってしまうところが、
妙にリアルで気持ち悪い。

単に虫ウジャウジャだけのパニック映画ではなく、
地球の温暖化問題をどうやって
世界の人々に深刻に受け取ってもらうかを
考えて苦悩する科学者のお話なので、
エコなメッセージもあり
ドラマ的にもまぁまぁ面白い脚本です。
でもやっぱりカナダ映画特有のB級さは拭えない…。
[PR]
by syco1 | 2010-10-31 22:48 | 災害、パニック
ハロウィーン企画 ホラーベスト10
今日はハロウィーンです。
それで私のいつも観ているRotten Tomatoesのサイトで、
ホラー映画ベスト50をあげていたので
トップ10だけ紹介

1.サイコ(1960)
2.フランケンシュタインの花嫁(1935)
3.キングコング (1933)
4.吸血鬼ノスフェラトゥ(1922)
5.カリガリ博士(1919)
6.反撥(1964)
7.フランケンシュタイン(1931)
8.ボディ・スナッチャー/恐怖の街(1956)
9.エイリアン(1979)
10.透明人間(1933)


…。
私はまだ生まれてない!!
*エイリアンだけは私は生まれてます…。

そこで…
▲私が選ぶホラーベスト10▼
1.サスペリア2 (1975)
2.悪魔のいけにえ(1973)
3.サスペリア(1977)
4.リング(1998)
5.Cube(1997)
6.殺しのドレス(1980)
7.死霊のはらわた2(1987)
8.赤い影 (1973)
9.遊星からの物体X (1982)
10.ヘルレイザー (1987)


うーん、私もベスト10をあげると、子供時代に観た映画がいっぱい出てくるよ。
どうしても当時の体験で選んでしまうから。
きっと今観ても全然怖くないんだろうな。
結局何の参考にならない、
個人的体験のリストになりました。 スミマセン…。
でもサスペリア2は最近また見直したけど、
すごく怖かったし、良かった。
間違いなくナンバー1!
[PR]
by syco1 | 2010-10-31 12:35
バッド・ルーテナント (2009)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2010-10-31 11:46 | アクション・スリラー
クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]<未> (2009)
大学生が人間の恐怖感をリサーチするために、
いろんな人に自分のトラウマ体験を
インタビューする。
リサーチをする大学生は
過去に両親を殺人鬼に惨殺された経験があって、
私はその殺人鬼がまた現れて
大暴れするとか、そんな風に予想してたけど
まったく別の方向に…。

人間が感じる恐怖という深いテーマを
もっと掘り下げれば
『羊たちの沈黙』のように
面白くなっただろうに
散漫で薄っぺらな脚本です。
[PR]
by syco1 | 2010-10-29 23:03 | サスペンススリラー
π (1997)
『レクイエム・フォー・ドリーム』、
『ファウンテン』、
『レスラー』と
一作品ごとに
テーマも作風も違う、
ほんとうに、このヒト
頭の中どうなっているんだろう?って思ってしまう
ダーレン・アロノフスキー監督の処女作品です。

一見ランダムにみえるものにも
秩序や法則があるのではないか、
というカオス理論を研究している数学者のお話。
別に数学などに詳しくなくとも、
カオス理論なんてこと考えていると、
頭がおかしくなってきて
キチガイになる
って言うことさえ掴めればOKです。

白黒映画でただでさえ見難いのに、
混乱してくると、
もっと粒子が粗くなって
ワケがわかんなくなるっていう、
効果が面白い。

インクが混じって描く模様や
煙が描く模様も
あぁ、コレがカオス理論か…。
と、全然わかってなくても
なんか解ったような気になるし、
雰囲気だけでけっこう楽しめるかも。
[PR]
by syco1 | 2010-10-29 01:06 | インディ系ドラマ
ハロウィン II (2009)
途中で観るのを止めようかと
何度も思ったよ。
主人公ローリーが
ヒステリックに叫んだり
泣きわめいたりする演技が
耐えられない…。
早く死んでくれよ、
って思ったよ。
下手に被害者を叫ばせるのは、
ホラーでは逆効果なことを、
ロブ・ゾンビさんはわかって無いよ。
おまけに、
自分のワイフに
白いドレス着せて、
馬と一緒に登場させるなんて、
公私混同じゃね?
前作の「ハロウィーン」のリメイクは
マイケル坊やが
異常に薄気味悪くって、
よくぞ、こんなガキ見つけてきたなってことで、
感心したけど、
本作品では
ガキの顔も違うぞ。
超ガッカリ作品でした。
[PR]
by syco1 | 2010-10-28 22:26 | スプラッターホラー
ホワイトアウト (2009)
厳しい自然環境が背景の映画は
けっこう好きなので、
こんなハリウッド大作でも
観てしまった。
しかしケイト・ベッキンセイルが
タフな警官って…。
ぜんぜん力なさそうじゃん、
それも極寒の南極で勤務なんて、
ぜんぜん説得力の無いキャスティングです。
最初のシャワーのシーンで
サービスをすればそれでOKってわけ?
50年も昔に遭難して氷の中に埋もれた
飛行機に閉じ込められても、
あっという間に脱出しちゃうとか、
いろんなところで
ありえないだろ、って思ったけど、
まぁベッキンセルのハリウッドアクション映画なんだから、
仕方ないか。
[PR]
by syco1 | 2010-10-24 23:44 | アクション・スリラー
Down to the Bone (2003)
『マイレージ、マイライフ』や、『エスター』のママ役で、
けっこういい演技を見せている、
ベラ・ファーミガ主演の初期の主演映画。
コカイン中毒から抜け出そうとする母親のお話です。

私はコカインっていうと、
白人の金持っているヤッピー達のドラッグ
という印象でしたが、
本作品は
スーパーのレジで働く
ブルーカラーの女性が主人公。
こういう人もコークヘッドになるのか、
コークヘッドだから、そこまで堕ちちゃったのか、
よくわからない。

でもコカインは値段が高いから、
中毒になるとそりゃ大変。
お金が無い人は
否が応でもリハビリに行かなくちゃならない。
どこの州だかわかんないけど、
けっこう中毒患者向けの
リハビリのサービスが整ってるのね。

それはとっても良いことだけど、
おかげで主人公は八方ふさがりの状態には陥らないので
観てる方は主人公に深く同情するには至らない。
ドラッグに溺れて
堕ちるところまで堕ちる人を観たいなら
『レクイエム・フォー・ドリーム』をお奨めします。
[PR]
by syco1 | 2010-10-18 23:11 | インディ系ドラマ
ムカデ人間 (2010)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2010-10-18 07:03 | 医療ホラー/キチガイ博士
シングルマン (2009)
恋人が交通事故で亡くなり、
悲しみにくれ
自殺願望に苛まれる
大学教授のお話。

本作品、ゲイの男同士のラブストーリーで、
何か、有名らしいファッションデザイナーが
監督したから、
注目を浴びているけれど、
男女に置き換えれば、
どこにでもありそうな退屈なお話です。

失ったことで
自殺まで考えるほど、
愛していた恋人との
生前の関係が
生き生きと描かれておらず、
お互いにとって
無くてはならない存在であるようには
全然感じられない。
濡れ場も無いしさ。
ゲイ男の恋愛映画だったら、
セックスシーンは不可欠なはずよ。
ジュリアンヌ・ムーアだって
頑張って『Chloe』では
全裸でレズビアンセックスシーンを撮ったんだぜ。
コリン・ファースも頑張れよ。

デザイナー出身の人が撮っただけあって、
おしゃれだけどさ、
それだけでは感動できません。
[PR]
by syco1 | 2010-10-18 00:34 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
画像一覧