『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
The Escapist (2008)
時間軸が前後する、
ちょっと変わった
イギリス産の監獄脱走映画。

監獄映画ってけっこう好きかもしれない。
私が高校ぐらいまでは
一番感動した映画と聞かれれば
『ミッドナイト・エクスプレス』だったし。

シンプルな同性だけの世界。
でもドラマがいっぱい詰まっている
のが良い。
おまけに脱走となると
スリル満点だしね。

本作品も、
渋い男達が勢揃いでで、
ジョセフ・フィアンズなんかも
意外に極道がキマっていて、
楽しめたのだけど、
主人公のブライアン・コックスが
病気(ヤク中)の娘に会うために
脱走を試みるって設定が
ちょっと臭くて減点です。
[PR]
by syco1 | 2010-04-29 18:55 | アクション・スリラー
Wise Blood (1979)
フラナリー・オコナーの『賢い血』が
映画化されてたとは知らなかった。
オコナーはアメリカに来てから原語で
かなり読んだけれど、
『賢い血』はよくわかんなかったよ。
だからもう一度映画で挑戦!

主役はブラッド・ドゥリフだよ。
『カッコーの巣の上で』を見て、
ちょっと彼のファンになってしまったけど、
それからずっとキチガイ役しかまわってこなくって、
あげく、チャッキー人形になっちゃって、
アカデミー受賞者なのに、彼…。

この『賢い血』でもキチガイみたいなヘイゼル役がぴったり。
宗教が人間に悪影響を及ぼしてしまった
最悪の例、がヘイゼルなのかな…。
宗教とは無関係の育った私には
やっぱり理解できないよ。

でもこのお話は
コメディだったのね。
小説では気づかなかった。
ゴリラの着ぐるみとか、
博物館のブードゥーミイラを盗んで
私の赤ちゃん、とか言うの、
すげー面白かった!
[PR]
by syco1 | 2010-04-26 11:38 | インディ系ドラマ
Crude (2009)
エクアドルのアマゾン川周辺地域に
大量の汚染水を流したと
アメリカの石油の会社シェブロンを
地元民が訴訟する。
その様子を追うドキュメンタリーです。

公害問題を取り扱うドキュメンタリーは
公害病に侵された被害者の
痛々しい姿がクローズアップされることが
予想されるけれど、
本作品は病人の姿はほとんど映されない。
どうやら主役は原告側の弁護士陣で、
アメリカの大企業シェブロンを
エクアドルのような小国の弁護士が
いかにして訴訟していくか、
と言うところが見所らしい。

このドキュメンタリーの製作者は
マイケル・ムーアのように、
被害者に同情を寄せてしまうような
主観的な撮り方をしたくなかったのはわかるけど
でもやっぱり、
被害者の様子をクローズアップしないと
あまりインパクトがないんだよね。

アマゾン熱帯雨林を救え!
と言えばスティングですが、
スティングは忙しいらしく、
代わりにスティングの奥さんが
一生懸命頑張っていました!
しかし、エクアドルの弁護士は
スティングの名前を聞いたことが無いって言ったのには
ちょっと笑った…。
[PR]
by syco1 | 2010-04-25 11:06 | ドキュメンタリー
17歳の肖像 (2009)
【ネタバレ有り】

私の好きなニック・ホーンビィの脚本だけど、
ちょっと現実性に欠けるのではないか?
だって、ぶっちゃけた話、
この中年男は美少女フェチでしょ。
それなのに女の子にセックスは無しよって言われて
はい、わかりましたって素直に従うでしょうか?
レイプはしないまでも、
見切りをつけて次の獲物を探すんじゃないの?
始めはプラトニックな愛の話かなって思ったわよ。
でもそうでないし、
それなのに、セックスレスだし、
結局、どんなに大人ぶっても、
所詮女子高生は女子高生ってだけの
お話でした。
[PR]
by syco1 | 2010-04-21 03:46 | 欧州・豪州ドラマ
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀 (1990)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2010-04-21 03:30 | ゾンビ(感染)ホラー
THE 4TH KIND フォース・カインド (2009)
【ネタバレ有り】
映画の中では
どんな大嘘をついてもよいって事を
これを観て確認しました。

始めにミラ・ジョヴォヴィッチが
『これは本当に起こったことです。 
人物は仮名を使ってますが、
彼らが実際に撮ったビデオの映像を使っています…』
など、解説が入りそのあとに映画が始まる。
内容は
エイリアンに拉致されて宇宙船に連れて行かれた
と証言する人たちの話で
映画はミラが言う実際の記録映像と
それを役者が再現する映像と交互に映すだけではなく、
画面を二分割して二つの映像をシンクロさせる。

し、か、し、
ネットで検索したら、
記録映像もフィクションだってさ!
無名の役者とハリウッドスターが
同じ事をやっているのを
同時に見てただけ。 
アホらしーっ。
しかし、無名の役者のほうが上手いよ。
だって本物の記録映像だと信じたからね。
でも肝心なところになると
映像が乱れるっていうのが、
もの凄く胡散臭く感じたわけ。

作品がフィクションと言うジャンルであれば、
その映画の中で、
『挿入する映像は本物です』
と言う台詞も
フィクションなんだからOKと言う事ですか。
そんなら、
よく映画の前にテロップで
“Based on the true story″ (実話をもとにしてます)
と出てくる作品があるけど、
そのテロップもフィクションかもしれないので、
本当に実話をもとにしている映画と、
見分ける手段がなくなるんじゃないの?

まぁ、映画を観ている間だけは
これが実際にあったのか、凄いなぁーって
楽しめるからいいか。
後で騙されたことがわかっても、
見ている間は面白かったものね。
[PR]
by syco1 | 2010-04-19 22:39 | SFホラー
ダーウィンの悪夢 (2004)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2010-04-16 22:57 | ドキュメンタリー
抱擁のかけら (2009)
アルモドバルの映画は、
びんびん伝わってくる作品と、
私に何の感情も奮い起こしてくれない作品と、
はっきり二つに分かれます。
これは後者の方です。
かなり薄っぺらな感じ。
登場人物が多すぎ。
少なくして、もっと掘り下げて欲しい。

相変わらずインテリアはどの映画を観ても同じ。
みんなアルモドバル風のアパートに住んでいる。

ペネロペって美人?
鼻大き過ぎ。
[PR]
by syco1 | 2010-04-10 11:10 | 愛・ラブ・ラムール・アモーレ
マイレージ、マイライフ (2009)
サンキュー・スモーキング』でもそうだったが、
世の中でもっとも嫌われる仕事のしている奴を
もの凄く愛らしく描くことにかけては
ジェイソン・ライトマン監督って天才だ!

私の最も嫌う、
大企業をサポートする犬である主人公に
これほどまで感情移入してしまうなんて、
それは単にジョージ・クルーニーのチャーミングな演技だけでは無く、
どんな仕事にも職人技ってものがあるということを見せてくれる
素晴らしい脚本だ。

ジェイソン・ライトマン、
めでたくハリウッド進出だけれど、
このような良質な映画を作り続けて欲しいわ!
[PR]
by syco1 | 2010-04-04 10:46 | 面白いハリウッド
カンパニー・マン (2002)
苦手なSFでありがなら、
Cube』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督ということで、
手に取った。
でも彼は『Cube』を超えられない
映画界の一発屋なんだね…。
とっても詰まらなかったよ。
[PR]
by syco1 | 2010-04-04 10:29 | 苦手なSF


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
画像一覧