『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ハウス・オブ・ブラッド<未> (2006)
オラフ・イッテンバッハの
交響曲第五楽章と言いたいところだけど、
こんなクラッシックな名前で
なぜかスプラッター映画専門の監督らしい。

前半は余りにもダレダレで、
ゾンビに襲われて、
みんな早く死んじまえって思ったけど、
その願いが叶いひとり残して皆死んでしまう。
しかし、後半に登場する新たなキャラが魅力的。
プロレスラーみたいな顔とずうたいで、
哲学や文学を雄弁に語る男が面白過ぎ。

でも全体としては、
なんかワケが判らない。
いや、ストーリーは際立って単純なのだけれど、
どういう風に受け取って良いのか判らない。
カルト映画に後一歩ってとこかしら。
[PR]
by syco1 | 2008-11-30 12:53 | 田舎ホラー
サスペリア・テルザ 最後の魔女 (2007)
ダリオ・アルジェントじいさんの
80’sのB級テイストを引きずる駄作。
邦題はサスペリアが付いててびっくり!
あのサスペリア1,2とは比べ物になりません。
デモンズ5とでもしたほうが良いです。

最近アルジェントの「愛しのジェニファー」が
めっちゃ面白かったので、
カムバックかと思ったけど、
またコケてますね。
とりあえず、
日本劇場公開祝…。
[PR]
by syco1 | 2008-11-28 01:12 | 悪魔・魔女・吸血鬼ホラー
仕立て屋の恋 (1989)
どう観ても主人公がキモい。
真っ白な肌、若いのにハゲ、
ぴっちりスーツを決めて、
ソープに通う…、
スケートリンクにまでストーカーし、
バタリとうつ伏せに転んで、
鼻血出して注目を浴びてるし、
ダサすぎ。
それなのにプライド高くて
いくらひたむきな恋でも
こんな奴に愛されるの嫌だな。
ルコントの『髪結いの亭主』は
大好きなんだけど、
こちらはダメでした。
[PR]
by syco1 | 2008-11-26 22:39 | サスペンスミステリー
4分間のピアニスト (2006)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2008-11-25 00:31 | 欧州・豪州ドラマ
My Brother Is An Only Child (2007)
『僕の兄貴はひとりっ子』という、
面白いタイトルなので
いったいどんな映画かと思って
鑑賞したのだけれど、
出来る兄貴とダメな弟が
喧嘩ばっかりしている
どうと言うことも無い映画でした。
60年代の学生運動が背景で、
兄弟だけでなく
総勢で喧嘩ばかりしていました。

最近のイタリア映画って良いのが無い。
フェリーニとか
パゾリーニとか、
その前のネオリアリズムとか
昔はイタリア映画は凄かったのにね。
[PR]
by syco1 | 2008-11-22 04:23 | 欧州・豪州ドラマ
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007)
なぜ英語?
キルビルの、日本語の部分が全然ダメだったように、
この映画、英語が全然ダメ。
全部英語だから
全部ダメ。
第二言語で脚本書けば、
詰まらなくなるわよ。
だって、母国語じゃないと、
微妙な言葉の使い分けって出来ないじゃん。
おかげで台詞はボロボロ。
ストーリーは陳腐なんだから、
せめて、台詞で楽しませてって言いたいところなのに
台詞まで陳腐よ。

祇園精舎の鐘の音
諸行無常の響きあり
のきれいな七五調を
をわざわざ英語で言うなっての。
[PR]
by syco1 | 2008-11-21 04:47 | アクション・スリラー
Mister Foe (2007)
『リトルダンサー』のジェイミー・ベル君ファンなら必見!!
彼のアクションやヌードが観れますぜ、
って言っても、
私が嫌いなジャンル、
金持ちのお坊ちゃまの
反抗期モノでした。

ママが死んだ後やって来た
後妻が大嫌いで
エジンバラのお城から家出して
ロンドンのホテルで皿洗いを始める
ジェイミーくん。
そこでママそっくりの女性を見つけ
ストーカーする。
彼が覗き見するセックスシーンが
無駄に物凄くエロなのよ。
リトルダンサーの頃と
全く顔が変わってないジェイミーくん、
こんなの観ちゃダメよ。
[PR]
by syco1 | 2008-11-20 23:48 | 欧州・豪州ドラマ
海を飛ぶ夢 (2004)
off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2008-11-19 00:58 | 欧州・豪州ドラマ
スパイラル・バイオレンス<未> (2006)
二組のイギリス人のカップルが、
スペインの田舎の別荘に休暇に行く。
狩をしているうちに道に迷い、
辿り着いた一軒屋には
鎖につながれた少女が居た…、

ゲイリー・オールドマン主演だし、
そのほかのキャストも
いい俳優を使っているのだけれど、
何考えてんのかわかんないキャラばかりで
全然魅力ないの。
脚本もつまらない。
ただのアクション映画にしたくない、
人間ドラマにしたいんだ、
っていう気持ちもわかるんだけど、
どちらも中途半場な出来。
ふつーに駄作。
邦題わけ分かんねー、
でも<未>になってしまうのはよーく分かる。
[PR]
by syco1 | 2008-11-17 02:41 | サスペンススリラー
シティ・オブ・メン (2007)
ブラジルのギャング闘争を描いた
シティ・オブ・ゴッド」が凄かったので、
期待してこちらも見たけれど、
全く違った作風でした。

「ゴッド」の方は、
ブラジルの汚職がはびこる政治
直しようのない社会など、
テーマは大きく、
多様な問題を提示してたけど、
こちらは、
父親の存在が男の子にとって
どれだけ重要かという、
たった一つのテーマに絞ってます。
「ゴッド」に比べると
かなりほのぼのとした感じ。
でもアレに比べりゃ、
なんだって、ほのぼのになるかな。
[PR]
by syco1 | 2008-11-14 23:59 | インディ系ドラマ


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
画像一覧