『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
<   2007年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Broken (2006)
またもやジェレミー・シストが主役なので
つまらない映画を覚悟しながらも
手にとってしまったDVD。
私の中では既に
ジェレミーが出ている=B級
という等式が成り立ってます。
で、ほんっと、詰まらなかった。
でも期待してないから、
いいもーん。
ジェレミー映画を追っていると、
二流俳優のサガみたいなもの
だんだん見えてきます。
[PR]
by syco1 | 2007-11-27 08:04 | インディ系ドラマ
ラブ・アクチュアリー (2003)
サンクスギビングで
夫の友人宅に集まって
そこで夫の友人夫婦が
お勧めのクリスマス映画ということで
私もお愛想で観たけど、
ひとり残された気分…。
どこが面白いのでしょうか?
個々のストーリーは全て
陳腐、
または深みが無い、
もしくは現実味がない、
どうでもよい、
でもみんなが、
いいよね~、ほんとにいい映画よね~、
と言っているので、
私はやっぱり変人なんだと
悲しくなりました。

でもあの詰まらなさには
やはり耐えられなかったので
映画が終わる20分前ぐらいに
眠いからごめん、
と言って引き上げました。
[PR]
by syco1 | 2007-11-25 09:28 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)
FUCK (2005)
off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2007-11-25 09:16 | ドキュメンタリー
Sweet Land (2006)
20世紀のはじめ、
ノルウィー移民達は
ミネソタに住み着いて農業を始めた。
その村に、
ドイツ人の嫁が来る。
当時アメリカはドイツと戦争をしていたため、
スパイかもしれないなどと、
みんなから眉をしかめられるが、
徐々に受け入れられていく、
というような、
ほのぼのストーリーなのだけど、
詰まらなかったにゃ~。
よくある、イギリスの小さな村のコメディものだと、
村の偏屈じいさんとか出てきて、
笑いをとったりするけど、
この映画には笑いが無いのよ
壮大なミネソタの青空ともろこし畑は綺麗だけど、
みんな一生懸命働いているだけで、
口数もめっさ少ないし…。
顔だけで面白いアラン・カミングの監督作品なのに、
コメディが無いなんてがっかりよ。
[PR]
by syco1 | 2007-11-22 01:45 | 勝手にどうぞ(時間の無駄)
輪廻 (2005)
予告編で観た
お人形さんが
めっちゃ怖い顔してた
んで、
観てみました
米市場も配慮して製作された
Jホラーシアターシリーズの第2弾らしいですが、
お化けはやっぱり日本的ですね。
森の中にいくつモノ顔がボーっと現れるところとか、
図書館の本棚の向こうにワッと顔がわきでるところとか。
私はうらめしや~で育ったから、
ぞっとしましたけど、
米人はこういうの、
怖いと思うのかしら。
様々な人種や民族が共存している国は、
ただ、見慣れないものが現れただけでは、
怖くないと思う。
それが電ノコ持って追っかけてきたら
話は違いますけど

[PR]
by syco1 | 2007-11-21 05:05 | 怨念、悪霊ホラー
ノミ・ソング  (2003)
クラウス・ノミは
日本で何かのCMに出てて、
フクスケみたいに
白塗りでぽちゃぽちゃな顔だったような
淡い80年代の記憶があったのですが、
このドキュメンタリーを観たら、
ぜんぜんぽちゃぽちゃしてない!
日本のCMに出てたくらいだから、
さぞかし有名だったんだろうな、って思ったら、
アメリカではレコード契約すら出来なかったって。
そして、パイとかタルトとか焼いて
売っていたんだって。
そしてフランスから2枚レコードを出した矢先に
エイズで死んじゃったんだって。
うーん、知らなかったことばっかり。
そもそも、クラウス・ノミのパフォーマンス自体、
当時、私はあまり興味がなかったしね。
もっと、80年代初期のニューウェイビーな
アーチストが登場するかと思って
観たんだけど、
なんか、ノミは他のアーチストとは
全く違った路線を走っていて、
出てきたのはボウイーのみ、それもちょこっとだけ。
90年代のはじめ頃、
SNLでマイク・マイヤーが “ディータ”という、
ドイツ人のテクノキャラをやっていて
出てくるだび、爆笑してたのだけど、
あれは絶対クラウス・ノミのパロディだったんだ
と今になって確信した。
[PR]
by syco1 | 2007-11-20 21:09 | ドキュメンタリー
ジョン Q (2002)
マイケル・ムーアの『シッコ』関連で、
この映画もアメリカの健康保険の無惨さを
伝えていると聞いたので、
早速観てみたけど…、
ハリウッド製メロドラマが、
大事なメッセージを破壊してます。
貧乏人は医療費が払えないため
死ななきゃいけないという不公平を
訴えるはずなのに、
父子愛の美談だけが頭に残る。
やっぱり、現実を描けないハリウッド
社会派映画は無理でした。
[PR]
by syco1 | 2007-11-20 02:52 | つまんないハリウッド
食人帝国<未> (1980)
ちょっとまって、
私はイタリア製悪趣味モンドホラーを代表する
人食い人種モノなんて、
ちっとも興味無かったのよ。
トビー・フーパーの『悪魔の沼』が観たかったのよ。
この2つ、どちらも原題は『Eaten Alive』。
オンライン・レンタルが間違って
人食い人種を送ってきた。
なんか期待していたのと違うな…
と思いながらも
エログロは展開していき、
ジャングルの獣達の
弱肉強食の世界は
かなり迫力があり、
ラストはスリル満点で
結構楽しんでいる自分がいた。
[PR]
by syco1 | 2007-11-17 01:50 | モンドホラー
the Toybox (2005)
イギリスのホラー映画は
ある程度のクオリティを保障してくれると信じて
借りたのだけれど
Z級もあるのね。
今後気をつけようっと。
[PR]
by syco1 | 2007-11-15 02:59 | 猟奇ホラー
麦の穂をゆらす風 (2006)
底に流れるテーマ
母国の将来のためなら
自分の命も惜しまない
ってのが、
もう真っ向から苦手です。
拷問されても口を割らなければ英雄、
仲間を裏切れば射殺なんて、
自分の命が一番大切
って信じている私には
何の感動も呼び起こしてくれないんですね。

大好きなキリアン君も
正統派なヒーローを演じていて、
魅力半減です。
[PR]
by syco1 | 2007-11-14 05:05 | 歴史/戦争/時代モノ


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧