『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
カテゴリ:まぁまぁハリウッド( 10 )
THE GREY 凍える太陽 (2012)
アラスカの石油採掘所で働く男達を
乗せた飛行機がアラスカの雪山のてっぺんに墜落した。
生き残った男達が
腹を空かした狼たちと戦いながら
助けを求めて下山するという
サバイバル映画。

自然と闘うサバイバル映画は
シンプルでスリルがあるから
好きなジャンルなのよ。
ハリウッドアクション映画でも観ちゃう私。
リーアム・ニーソン、実生活で妻を亡くしてから、
人気沸騰だな。
役柄でも妻を亡くして苦しむ役してるし…。
でも妻との回想シーンは臭過ぎる。
そんなのは無視して、
ひたすら極寒と狼と飢えと
戦ってくれよ、リーアン。

仲間をひとりひとり失っていくシーンも、
やたら、彼らの妻や娘の話を持ち出して
感動させようとするところがうざい。
でもサバイバルアクションは好きので、
まぁ、飽きずに見れました。
[PR]
by syco1 | 2012-07-27 06:27 | まぁまぁハリウッド
Heywire (2012)
ついこの前、
コンテイジョンを見たばかりなのに、
もうスティーヴン・ソダーバーグ監督の
新作が出てきた。
今度はスパイアクション満載の
スリラーです。

志保美悦子みたいな
めっちゃ強い女アクションスターが
男をボコボコにするだけの映画だったような気がする。
[PR]
by syco1 | 2012-02-08 12:41 | まぁまぁハリウッド
宇宙人ポール (2010)
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』の
サイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビが脚本・主演で
『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『アドベンチャーランドへようこそ』の
グレッグ・モットーラが監督だから、
イギリスとアメリカのオタクの合作というわけね。
オタクが結束したからといって、
ますますオタクを極まったとは言えず、
お互い妥協したのか、
アクがなくなり、
ハリウッド風にまとまった感じ。
[PR]
by syco1 | 2011-10-19 00:06 | まぁまぁハリウッド
Get Him to the Greek (2010)
大人気のイギリスのロックスターのラッセル・ブランドが、
アフリカの子供達を救う、
チャリティレコードをリリースするけど、
これが全然マトを外したトンデモない曲とプロモビデオで
一気に落ち目になる。
アメリカの若いプロモーターが
このロックスターのカムバックを信じて
ロンドンからロスに連れてきて
グリークシアターで大きなコンサートを開こうと
頑張るお話。

セックス&ドラッグな毎日のラッセルを
どうにかこうにか仕事をさせようとする真面目な社員の
苦労を面白おかしく描くコメディなんだけどさ、
『スパイナル・タップ』みたいな、
ロックファンの琴線に響くようなマニアックなギャグは無いのよ。
あまりロックを知らない人が、
安易にロックスターってこういうものなんだな、
って想像して考え出したギャグと言う感じ。
ドラッグネタとセックスネタばかりで、
肝心の音楽ネタがほとんど無いのよ。
ロック好きのわたしには、
かなり薄っぺらな脚本に感じました。

まぁ、ハリウッド映画だし、
『スパイナル・タップ』みたいにしたら、
大衆受けしないだろうから、
仕方ないのは解るんだけどね。
[PR]
by syco1 | 2010-10-11 18:14 | まぁまぁハリウッド
グラン・トリノ (2008)
アジア人のギャング集団が出てくるから、
てっきりロサンジェルスが舞台の映画だと思ったら、
私が15年住んでいた
デトロイトのお話じゃないですか。

フォード工場に勤めて、
クラッシック・カーを持っていて、
主人公の名前からしてポーランド系アメリカ人で、
これって、デトロイト周辺に住む
かなり典型的な人物像です!

私はデトロイトを離れて6年経つけど、
私が住んでた頃は
黒人のギャングはめっちゃ怖かったけれど
アジア人ギャングによる乱射事件なんて全然聞かなかったよ。
かなりフィクションなのかしら、
それとも変わったのかしら。

ロケ地を調べたら
ロイヤル・オーク市の11マイル通りだって。
私はそこの12マイル通りに住んでた。 
ものすごく近くです!!
でもさ、あの辺はあんなに貧民屈じゃないんだよね。
もし今あんなふうに変わったなら、すごく悲しい。
[PR]
by syco1 | 2010-10-03 10:16 | まぁまぁハリウッド
インセプション (2010)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット観たさに
劇場に走ったが、
キリアン・マーフィーも出ていて
ちょー感激!
9ドルでこんなにいただいていいんですか。
でも、私としてはそれだけの映画です。
クリストファー・ノーランの傑作は
やっぱり『メメント』と『フォロイング』で
ハリウッド製でないのが好き。
そしてデカプーなんてほんと
どーでもいい。
[PR]
by syco1 | 2010-08-06 01:30 | まぁまぁハリウッド
プレデターズ (2010)
なんでエイドリアン・ブロディが出るのよ?
スプライス』で尋常で無いほど
かっこよかったので、
こちらも見に行ったわよ。
でもさ、
ブロディの
優柔不断でハートがあって、
ちょっとダメっぽい感じが好きなので、
マッチョで冷静な男をやってて
全然好きじゃなかった。
おまけに娘が隣で、
ナニ、この映画、くだらな過ぎ、、、とか言うので、
なんか、私もそう思えてきた。
ヤクザが草むらで日本刀を振り回すシーンで
くだらなさはピークを迎えたと思う。
まぁ、このくだらなさを楽しめばいいんだろうけど、
それにしても何でブロディ?
[PR]
by syco1 | 2010-07-23 10:00 | まぁまぁハリウッド
The Prize Winner of Defiance, Ohio (2005)
『アンジェラの灰』みたいな、
ダメな父親、強く優しいお母さん
と言う家庭に育った子供の回想記。

お母さんのジュリアンヌ・ムーアが
懸賞マニアなのよ。
夫の稼ぎが少なく子どもが12人もいて、
家計を助けるには
懸賞を当てるしかない。
アメリカの50年代の消費ブームに乗って、
宣伝、広告を観ながら、
このお母さんは
当てる当てる、
しかし、たかが懸賞、
貧乏からは抜けられないの。

50年代の電化製品とか、
コマーシャルや広告が
ノスタルジックに使われてるところが
見せ場かな。
[PR]
by syco1 | 2010-03-10 23:34 | まぁまぁハリウッド
私の中のあなた (2009)
【ネタバレ有り】

臓器を貰うために
遺伝子操作で
子供を作っていいか?
財力があれば、作るのは勝手だと思うけど、
生まれてきた子供には臓器提供の拒否権はあるはず、
と言うのが私の意見です。

そういう問題の映画かと思って、
とっても興味深く観ていましたが、
そうじゃなくて、
問題は全然別のところにありました…。
えぇっ、
一生懸命考えたのに、
なぁーんだ、
ってがっかりしたけど、
でもやっぱり何度も泣かされる映画でした。
[PR]
by syco1 | 2010-02-15 22:38 | まぁまぁハリウッド
路上のソリスト (2009)
娘が美術の宿題をやっていて
何を描いてるのかと思えば、
ロバート・ダウニー・Jrが
自分に求婚しているシーンを描いてた。
『あんた、いつの間にロバダニのファンになったの?』
と聞いたら、
『ずっと昔から、今でも、そしてこの先ずっと未来もだよ』って
マジで?
昨日はトワイライトのロバート・パティンソンとか言ってたのに、
いきなり親父趣味に変わっている…。
そして、この映画を借りてきた。
私は、バスキアみたいなジェイミー・フォックスのスタイルが気に入りました。
でもロバダニは、今ひとつ。
ジェイミー・フォックスは演技上手いんだけど、
そんなにドラマチックなこと起きないから、
もったいなかったな。
最後に大ホールで本人がコンサートなんていうことになれば、
盛り上がったのにな。
まぁ、実話が元だから仕方ないか…。
[PR]
by syco1 | 2009-12-28 08:16 | まぁまぁハリウッド


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
画像一覧