『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
カテゴリ:大人向けファンタジー( 15 )
エンター・ザ・ボイド (2009)
ギャスパー・ノエ…、
前に2本(『アレックス』と『カノン』)観たけど、
暴力描写が陰湿で暗いので苦手。
しかし、舞台が東京と聞いたので、
興味が湧いて観てみた。

違法なことをせずに
トリップ映像を見せてくれて
ありがとう、ノエさん…。

私が言えるのはそれだけ。
[PR]
by syco1 | 2011-07-09 22:08 | 大人向けファンタジー
タクシデルミア ある剥製師の遺言 (2006)
火を噴くペニスとか、巨大デブとかゲロとか、
鑑賞に耐えられないとか言う、
ものすごく変な映画と噂に聞いていたので、
変な映画好きな私は
わざわざこの映画のために、
オンラインレンタルを新しいところと契約して
(ひと月目は無料なので)借りた。
故に期待値
故にちょっとがっかり。

つい最近ジャックアス3を観たので、
ペニスの酷使とか、ゲロとか、デブとかには免疫ついてる。
(おまけにジャックアスは本物。)
ジャックアスに無いシュールさがある、
って言っても本作品は歴代のヘンテコ映画と比べ
抜きん出てヘンテコとは言えない。

実は私は『ホーリーマウンテン』ぐらいの
ヘンテコ、変態、シュール、ユーモアを期待してたので、
がっかりするのは当たり前かもしれない。
『ホーリーマウンテン』はやっぱり私の一番ヘンテコ映画。

あと、DVD収録のメイキング・オブのところで、
本作品の監督が
それぞれのキャラクターに深い意味は無い
って言っちゃっているので
彼は単にヘンテコ映画が撮りたかっただけみたいだ。
[PR]
by syco1 | 2011-06-08 23:36 | 大人向けファンタジー
イリュージョニスト (2010)
ベルヴィル・ランデブーで、
ひと目で見て大好きになった
シルヴァン・ショメのアニメーション。
しかし前作ベルヴィルに比べて
毒が抜けたというか
ストーリー的にもかなり落ち着いてます。
でもベルヴィルから8年も経ってるのね。
無理も無いか…。

時代遅れの手品師と少女の触れ合いの物語。
ほとんど台詞が無く
ジェスチャーで全てを語るという技はすごいと思う。
でもさ、
服や靴や装飾品をねだるのが女っていう
ステレオタイプがなんか気に食わなかった、
っていうか、こういうのに私は感動できない。

絵はとっても綺麗よ。
余談ですが、
娘がちょっと前にハマってた、
任天堂DSのゲームの
『レイトン教授』シリーズのキャラクターデザインは
ぜったい、ぜったいシルヴァン・ショメをパクってますね~。
キャラクターどころか、
背景とか色使いとかもそっくりよ。
[PR]
by syco1 | 2011-05-27 10:46 | 大人向けファンタジー
ミックマック(2009)
好きだった
イギリスのテリー・ギリアムも
アメリカのティム・バートンも
チェコのヤン・シュワンマイエルも
そしてこのフランスの
ジャン=ピエール・ジュネも
創造力の塊みたいなスゴイ作品を連発したあと、
枯渇してしまい
そろいも揃って詰んない映画作ってますね。
ファンタジー系の監督はそういう運命にあるのかしら。
残るはメキシコの
ギレルモ・デル・トロか。 
毒を持ったファンタジー系ファンの私は
新手が出てくるのを超期待してます!

前置き長くなっちゃったけど、
本作品は
得意の凝りに凝った映像美は健在で
見かけは凄いんだけど
脚本の陳腐さはどうにもならないんだよね。
今はCG技術で何でも出来ちゃうから、
こんなことも、あんなことも、ってやっているうちに、
肝心のストーリーの部分がお粗末になってしまうのでしょうか。

武器が存在するせいで、
父親を失い、自分も大怪我をしたので、
武器会社に復讐をするお話。
もう少し捻りがあってもいいのでは。
平行するラブストーリーも
2人の年齢はかなりいっているのに、
少年少女みたいな恋愛してるのが、
ちょっといただけません。
[PR]
by syco1 | 2011-01-01 01:15 | 大人向けファンタジー
Dr.パルナサスの鏡 (2009)
テリー・ギリアムの最新作が
ヒース・レジャーの遺作となってしまい、
ジョニー・デップやジュード・ロウや、コリン・ファレルが
友情出演してくれたことで
話題になった。

でもこれ、アメリカで全国公開はされなかった。
アメリカではギリアムはマニア向けだものね。
たぶん未だにモンティ・パイソンファンぐらいにしか、
アピールしないんだろうと思う。
私にしてみれば、
ギリアムはティム・バートンと
とっても良く似てると思うのだけれど、
バートンは国民的人気で、
ギリアムが受けないのが不思議。

で、本作品、ギリアムの映像が炸裂してるけど、
肝心のストーリーが詰まんないんだよね。
先に映像があって、話はとって付けたみたいな感じ。

『落下の王国』とか、大作では『アバター』とか、
映像美と脚本の差が有り過ぎる作品は
どうも好きになれない。
逆に脚本だけで、
ぐいぐい引っ張っていく作品は
大好きなんだけどね。
[PR]
by syco1 | 2010-05-13 03:27 | 大人向けファンタジー
$9.99 (2008)
人生の意味は何か
私達の存在理由とは何か、
そういう哲学的な問題を
全編クレイアニメで語った映画です。

いろいろ象徴的ではあるけれど
やっぱ、良くわかんないよ。
それに、粘度人形の造形が
結構気持ち悪いんだよね。
こんなに可愛くないクレイアニメも珍しい…。

まぁ、変わった映画が見たい人にはお奨めだけど、
これを観たからって
人生の意味がわかるわけではありません。
[PR]
by syco1 | 2010-04-02 12:48 | 大人向けファンタジー
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)
生まれた時はおじいちゃんで、
年とともに若返って、
赤ちゃんになって人生が終わった人の話
なんて聞けば、
誰だって見たいと思うわよね。
この話の映画化を試みた時点で、
もうヒット間違いなし!!

でもブラピが若返るSFXは
凄いと思ったけど、
長すぎて進行がゆっくりで退屈だったわ。
はじめの半分はジジババしか出てこないし、
老人向けの映画ですか、コレ?
ベンジャミン・バトンが老人ホームに捨てられるのじゃなくて、
孤児院に捨てられたとしたら、
子どもの中でひとり爺さんで浮きまくって
虐められたりして、
もっと面白かっただろうに…
なんて意地悪な想像をしたりして。
[PR]
by syco1 | 2009-06-13 08:32 | 大人向けファンタジー
ウール100% (2005)
たぶんこの映画は
フランスなら『アメリ』とか、
チェコならヤン・シュワンマイエルの映画とか、
そういう路線なんだろうけど
日本はやっぱり『かっわいい~』モノが好きで、
そのかっわいい~感覚はやっぱり、
少女趣味が大道を行っているのね。
せっかく岸田今日子と吉行和子を使っているのに
少女やらせたって詰まんないよ。
もう少し下品な大人のユーモアがあったら、
面白かったのになぁ…。
[PR]
by syco1 | 2009-05-19 01:09 | 大人向けファンタジー
ピアノチューナー・オブ・アースクエイク (2005)
人形を使う、
ヨーロッパのシュールなアニメと聞いたので
ヤン・シュヴァンクマイエル風なのかな
と勝手に想像しましたが、
シュヴァンクマイエルの足元にも及びません。
アニメの部分なんてカットが10秒ぐらいで
ほとんど実写。
手抜きもいいとこじゃん。
それよりも、
1920年代の無声映画っぽい映像を
撮りたかったらしく、
『カリガリ博士』みたいで
ワケがわかんなく
詰まらないだけでした。
[PR]
by syco1 | 2009-01-05 17:11 | 大人向けファンタジー
落下の王国 (2006)
シュールな映像で
話題になっているみたいだけど、
それほどでもないです。
この程度で凄いって思う人は
きっと「エル・トポ」とか、
「サテリコン」とか観たこと無いのでしょうね。
二本とももう40年も前になるのね、無理もないか…。

そしてこの映画、
映像に比べて
ストーリーがとっても退屈なのね。
その格差は何?

でもね、主人公の6歳の女の子
アレキサンドリアちゃんが
めっちゃ可愛いの。
おデブちゃんなんだけど
天才的な演技よぉぉ。
てか、絶対に演技とは思えないの。
すべてアドリブでやっているんではないかと…。
これほど自然な子供の演技は
私、今まで観たことありません!!
東欧訛りもとってもカワイイ!
「リトル・ミス・サンシャイン」や「シックス・センス」のように
作品さえ良ければ
最年少でアカデミー賞を取れたかもしれないのに、
惜しいです。
[PR]
by syco1 | 2008-09-15 07:15 | 大人向けファンタジー


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧