『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
カテゴリ:ドキュメンタリー( 87 )
the Queen of Versailles (2012)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2013-01-16 03:31 | ドキュメンタリー
Last Days Here (2011)
おっさんがいつまでもロックバンドを夢見てる
アンヴィル』も痛いドキュメンタリーだったけど、
このドキュメンタリーのメタルバンド「ペンタグラム」の
元ボーカル、ボビーさんは
『アンヴィル』のメンバーに勝るダメダメさ。

50そこそこなのに、ヘロイン中毒で
70ぐらいの爺さんにしか見えない。
両親の家に住み、
未だに親に衣食住世話になっている。
ステテコ一丁でボロボロになってベッドに転がっているだけ。
「ペンタグラム」は彼の70年代に結成したバンドだけど、
もちろんメジャーレーベルとは契約に至らず、
ほとんど無名のうちに解散してる。

しかし、根強いファンがいて、
なんとかボビーさんを説き伏せて
ギグをやらせようとする話。
別に本人やる気無いんだから、
そっとしてあげればいいのに…、
って私は思ったんだけど、
こんな半分死にかけたようなじいさんでも
愛の力で復活するから凄い。
愛こそ全て…?
と言うドキュメンタリー。
[PR]
by syco1 | 2012-09-24 02:43 | ドキュメンタリー
Being Elmo (2011)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2012-04-06 03:45 | ドキュメンタリー
極悪レミー (2010)
モーターヘッドのシンガー&ベーシストの
レミーさんについてのドキュメンタリー映画。
私はメタル嫌いなんで、
モーターヘッドは全く聞かないんだけど、
ロック関係のドキュメンタリーは
使命感で観てしまう。
いろんなロックミュージシャンも出てるしね。
みんなレミーは賞賛してるけど、
そんなに凄いの?
わかんないなぁ。

ヒットラー関係のコレクションを持ち、
卍の腕章つけて大砲を撃つ。
あなたはナチスですか、という質問に対して
「別にヒットラーアイテムを集めてるからといってナチスとは限らない。
俺は黒人のガールフレンドを6人も持った。
何をしたっていいだろ。 自由な国なんだから。」
って答えて、結局おまえナチスじゃねーか。

ひとつだけ感心することがあるとすれば、
あれだけスピードをやって、酒も飲んで、
70近くても元気にプレイできるってのは
凄いよ。
[PR]
by syco1 | 2011-11-28 04:37 | ドキュメンタリー
Blind Spot (2008)
地球の石油を全部使い切った後はどうなるか、
ということを考えるドキュメンタリー。

人間は石油を湯水のように使っている現代の生活が
あまりにも心地よいので、
それが枯渇してしまったら、
ということを考えるのを故意に放棄してる、
とこの映画は主張する。

何億年もかかってできた石油を
人類はたかが100年余りで全て使い切ってしまうだろう。
石油が発見されてからのこの100年は
人間が誕生してから、
いちばん便利で楽で楽しい、
お祭りの時代で、
もう2度とこの時代は来ることは
地球上にくることは無いのだ。

そのようなことを、
いろんな方面の専門家が語る。
恐ろしいよ、
やっぱり、
そんなこと考えたくないって気持ちになるよ。
でもそれでは、あまりにも
これから誕生する私達の子孫に対して、
無責任じゃないか。

この映画を観る限り、
解決策は無いのね。
今の高水準の生活を維持するのは絶対に無理。
大昔のような、
全て人力で仕事をする世界に戻ります。
どぉ~っと暗くなる映画です。
[PR]
by syco1 | 2011-11-07 07:05 | ドキュメンタリー
The Great Happiness Space―大阪恋泥棒 (2006)
日本のホストクラブを
外国人が取材したドキュメンタリー。
日本では未公開らしい。

ホストクラブは
日本特有の場所だと思う。
こっちでは、
男がステージで踊って脱ぐ
ストリップクラブはあるけど、
女の子の話し相手をしてくれるような
ホストクラブは無い。

アメリカでは本来ならポン引きに入るお金が
風俗嬢からクラブのホストに流れているのが、
とっても興味深いわ。
男の子に求めてるのは
自分の話を聞いてくれること、なんて、
日本の女の子はカワイイ。

こっちでは
女の子だけのパーティに
男性ストリッパーを呼んで、
ビキニパンツにドル札は挟めたりしてるんだから、
男と同じね。
なんて、文化の違いを感じました。
[PR]
by syco1 | 2011-10-13 23:56 | ドキュメンタリー
ミリキタニの猫 (2006) 
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-09-20 10:56 | ドキュメンタリー
The Last Word (2008)
映画のタイトル「最後の言葉」は、
死刑囚ジョニー・フランク・ギャレットが
処刑される直前の最後の言葉だ。

最後の最後まで、
無罪を訴え、
自分を死刑台に送った、
検察官、判事、陪審員たちを
殺人者と呼び、
墓の下から呪ってやる
と言う言葉を残して死んだ。

70過ぎの修道女をレイプして殺したとして
有罪の判決を受けたのは
彼がまだ17歳の時。
しかもジョニーは知的障害も持っていた。
17歳の障害者でも死刑台に送るテキサス州。
アメリカの州の半数は死刑は禁じられ、
死刑が合法である州でも年間ひとりぐらいが平均なのに、
テキサスは30年間で500人も死刑にされてる…。

そして、本当にやるせないのは、
フランクが処刑された後、
真犯人が捕まったのだ。
でも、テキサスの法律では、
死刑が執行されたあとは
たとえ無罪と判明しても、
政府はなんの責任も負わなくてよいらしいのだ。
なによそれ?
時代は中世ですか?
こんなムチャクチャでは、
肉親は怒りをぶつけるところもなく、
死者も浮かばれない。

しかし、恐ろしい結末が語られるのよ。
フランクはほんとうに、
みんな呪い殺してるの。
検察官とか判事とか彼の有罪に加担した人たちはみんな
自殺とか変死とか事故死とかしちゃったのよ。
まさか最語に
こんな幽霊話が出てくるとは
予想しませんでした。
怖い~。
[PR]
by syco1 | 2011-09-13 11:29 | ドキュメンタリー
Cropsey (2009)
『ブレアウィッチ・プロジェクト』は
嘘ドキュメンタリーだったけど、
こちらは、ほんとうに
Cropseyと呼ばれる
都市伝説の殺人鬼の真相を探るプロジェクト。

男女二人のチームが
都市伝説の本拠となる、
マンハッタンのとなりのスタテン島の林の中の
廃墟となった精神病院にカメラと持って入る。

そこはちょっと怖いけど、
本物のドキュメンタリーなんで、
殺人気が出てきてみんな殺されて、
ビデオカメラだけ残った…
なんてことはありません。
真っ暗な中物音が聞こえおびえるのだけど、
高校生がキモだめしして
遊んでいただけでした。

でもこの映画はそれだけじゃなく、
実際に起こった少年少女の連続行方不明事件とか、
容疑者の実態とかも
追ってます。

一番怖かったのは、
精神病院がまだ経営されていた頃の、
病棟の中を撮ったフィルムでした。
1970年頃だと思うけど、
まるで中世の牢獄みたいです。
[PR]
by syco1 | 2011-09-01 23:28 | ドキュメンタリー
ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人 (2008)
Off Hollywood Movies
[PR]
by syco1 | 2011-08-31 04:05 | ドキュメンタリー


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧