「ほっ」と。キャンペーン

『オフハリウッドムービーズ』の番外編!!  主に詰まんなかった映画とハリウッド大作について書き捨ててます。  名作は 『オフハリウッドムービーズ』をチェックしてね!
by syco1
映画はたくさん観てます!!
半年も何も映画について書いていませんでした。 理由は面倒になってちょっと書かなくなったら、ますます面倒になってしまい、面白い映画もたくさん観たので、それが貯まっちゃったら、何処から書いて良いか判らなくなって、もうイイやって投げ出してしまいました。
しかし、感想を書かなくなってしまうと、観た映画を思い出すことが出来なくなるんですね~。 
人と話してて、映画の名前、監督の名前、俳優の名前がぜんぜん出てこないし、あらすじや、ラストはどうなったかすら覚えてないし、たぶん、この映画を観たっていう記録さえ頭の中から消えてるかもしれない。
これではちょっと悲しいので、また少し映画について書き始めようと思う。 
映画や音楽やその他自分の興味のあることをクロスオーバーして描こうと思うので、ここではなく、あちらで。
[PR]
# by syco1 | 2014-01-06 01:47
Megan is Missing (2011)
13歳の少女ミーガンと
ミーガンの親友のエイミーが
行方不明になった事件を
彼女らのPCやケータイに残された映像を
再現して一本の映画にしたこのホラー。
怖いというよりも、ただただいや~な気分にさせられた。

この映画を作った人は
簡単にドラッグに手を出したり、
ネットで出会った男に会ったりする
頭の悪いティーンエイジャーに
きっと、うんざりしてるんじゃないかと思う。

いけない事してると、
こーゆー目に会うんだぞ!
という教訓として造ったらしいけど、
それを通り越して、
これ、子供が見たらトラウマだよ。
最後のエイミーちゃんの救いようのなさといったらない。
悪意を持って造ってるとしか思えない。

映画では実際にあった事件を基にしたと言ってるので、
一体どの事件なのかとネットで調べたけど、
ミーガンとエイミーの疾走事件は全くの架空で、
十代の女の子が行方不明になったいろいろな事件を
総合して繋げたらしい。
まぁ、そうだと思った。
だって、実名使われてこんな酷い映画作られたら
遺族が許すわけ無いもの。
[PR]
# by syco1 | 2013-06-05 05:38 | 猟奇ホラー
死霊のはらわた(2013)
もうすぐで劇場鑑賞を見逃すところだった。
最近はあっという間に、去ってしまうんだよね。

もちろん80’sのオリジナルの大ファンでもあるんだけど
日本でR18+になってたから、ものすごくそそられたの。
アメリカではふつーにR指定よ(16以下は親同伴)。

しかし何で日本はR18+指定なんでしょうね~?
悪霊に犯される、みたいな描写があるから?
確かにスプラッターだし、
血の量は多いんだけど、
なんか痛さが感じられなかった。
残酷シーンなら『キラーインサイドミー』の方が
生生しくて痛かったよ。
それでもR15+だよ。

『ムカデ人間』だってR15+だよ。
あ、『ムカデ人間2』はR18+か。
しかし『ムカ2』はR18+で当然!
あのキチガイ男の風貌だけですでにR18+だよ。

というわけで、
R18+で期待し過ぎちまって、
そんなに怖く感じなかった。
キッチュなサム・ライミ版の方が
怖かった。
あの、絶対逃げ出せない感が
すっごく怖かったの。
最後の別の時代にワープしちゃうラストで
ドヨ~ンとなって、
凹んだままで劇場を出たのを憶えている。

それに比べリメイクは
主人公の男が悪魔に乗り移られた妹に
未練がありすぎて
逃げようともしないからダメ。
オリジナルのテーマをぶち壊してると思うんだけど。
まぁ、別の映画として観ればOK...かな。
[PR]
# by syco1 | 2013-05-23 10:51 | スプラッターホラー
ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012)
Off Hollywood Movies
[PR]
# by syco1 | 2013-04-26 20:58 | サスペンスミステリー
マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011)
イギリスのじいちゃん、ばあちゃん達が
老後を安く暮らすためにインドに移住するお話。
結局イギリスの植民地主義を引きずっていて
インド人がイギリス人に仕えているところは変わらない。
ジュディ・ディンチがインドのアウトソーシングされてる
ヘルプディスクの従業員を教育するところとかも
全て上から目線でイヤだった。
最後上手くまとまるところも腑に落ちない。
インドとか、アフリカとか、東南アジアとか
年を食った西洋人がそう簡単に手中に入れられる文化じゃないだろうに、
なんか異国を舐めてるような映画で
腹が立って来た。
あぁ、「恋に落ちたシェークスピア」の監督なのね。
あの映画もムカついたわ。
[PR]
# by syco1 | 2013-04-25 11:11 | 観なきゃよかった(最低)
シタデル<未>(2012)
アイルランドのどっかの
低所得者の住む団地で
妊娠した妻が夫の前で
フードを被った悪ガキ集団に襲われる。
赤子は救われたが妻は危篤状態に陥り死亡。
シングルパパになった夫は
ショックで広場恐怖症になる。

殺人が起こったというのに、
この映画の世界には
警察というもんがいないのよね。
警察どころか
被害者と加害者以外は
だーれも居ない不思議空間なのよ。
そしてその悪ガキも
人間ではないみたいで、
ゾンビかミュータントっぽいの。
でもほとんど説明無しで
話しはどんどん進んでいく。

低予算ホラーなんで、
ま、細かいところは気にしないでくれ
ってことなんだろうけど、
それで思いっきり怖ければ納得行くが
あんまり怖くない。
[PR]
# by syco1 | 2013-04-25 10:29 | ゾンビホラー
Safety Not Guaranteed (2012)
Off Hollywood Movies
[PR]
# by syco1 | 2013-04-25 09:50 | インディ系ドラマ
ルビー・スパークス(2012)
引きこもりの男が
自分で理想の女性を描いた小説を書いたら、
その主人公ルビーが小説から飛び出して
目の前に現れた。
男がタイプで原稿を打つと
その通りにルビーは行動する。
こりゃぁ、夢のよう!
って思うけど、
自分が思うとおりに操れる恋人を持っても、
幸せは得られない
という教訓めいたお話。

これはアニメやゲームで
ヴァーチャルな恋愛するオタクな人達のことで、
私はまったく感情移入できなかった。
でもそういう役にポール・ダノはぴったりですね。

主人公は高校のときに書いた小説がヒットして
ベストセラーとなり一躍時代の寵児となるんだけど、
それ以来何もかけない20代後半の男。
彼のデビュー作品は
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を下敷きにしているような感じ。

最近実家に帰ったとき、
「ライ麦畑...」があったんで
もう一度読んでみたんだけど、
ホールデンの言動がウザイウザイ。
十代の頃はコレに感動してたかとおもうと、
恥ずかしくなる。

ということで、
ルビー・スパークスは
ティーンエイジャー、もしくは20代前半限定の映画です。
[PR]
# by syco1 | 2013-04-24 21:39 | 愛・ラブ・ラムール・アモーレ
ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012)
作家が自分の小説を語り、
その小説も作家が主人公で、
その作家が書いた小説が語られる。
三重構造になっていて、
複雑かと思えば、
かなりベタなドラマが満載なんで、
全然混乱せず鑑賞できるけど、
その分けっこう退屈。

今大好調のブラッドリー・クーパーが主役。
私はブラッドリー・クーパーはどこがいいのかわかんない。
鼻曲がってるけど、いい男なのかなぁ。
超ふつーの何処にでもいる男って感じなんだけど。
演技も上手いのかなぁ。 
わからない。
デニス・クエイドも好きじゃない顔の俳優なんだよな。
でもジェレミー・アイアンズは大好き。
彼の出演が唯一の救い。

[PR]
# by syco1 | 2013-04-23 21:52 | 愛・ラブ・ラムール・アモーレ
別離 (2011)
Off Hollywood Movies
[PR]
# by syco1 | 2013-04-23 21:09 | 社会派


リンク
off hollywood movies
 (syco の映画のページ)
syco babbles
 (sycoのBBS、コメントはここへ)
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
画像一覧